表参道の整体なら「こころ整骨院 表参道院」へ

整体術と整骨術

整骨術・柔道整復師

WHOそもそも整骨とは古来より接骨院、整骨院で行われている整骨術の事です。
整骨術とは柔道整復師という資格者が整骨院でや接骨院で行われています。

柔道整復師免許は、厚生労働省指定の養成学校で3年間のカリキュラムを終え、国家試験をパスした人が柔道整復師となります。

元来の柔道整復師の目的は、地域医療において整形外科医の足りない状況で、整形外科領域を補填する意味合いで始まりました。

ですので、整骨術とは、整形外科領域とかぶります。
すなわち、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷です。
柔術から発展し、日本古来の療法としてWHOに認められている日本の誇るべき施術法です。

 

整体術・整体師

整体師とはその名の通り整体を行う人ですが、日本では20世紀のはじめに橋本敬三という人が初めて使い始めました。

分類や、この橋本敬三が謳う整体というものは決まったのですが、法整備は進まず、資格制度は民間資格のみです。

カイロプラクティックやオステオパシーを始め海外では様々な整体(カイロプラクターやオステオパスにうっかり整体師と言うと怒られると思います)があります。
特にアメリカでは法整備も進んでいて、6年生の大学であったり特にDOはメディカルドクター(西洋医学医)と同等の資格のようです。

西洋医学との違いは、私見ですが、、、兎に角流派・派閥が多いです。
同じものを別のものとして行っています。(偉い人に見たら怒られそうです)

 

 

整体と整骨の共通点

整体術と整骨術の共通点は共に物理的なアプローチをする事です。
筋肉や骨、関節に対して押したり引いたり揉んだり伸ばしたりする事によって効果的を得ます。
ただし、整骨術は対象が負傷しており、場合によっては固定をします。

 

 

整体術・整骨術と西洋医術との違い

物理VS科学整体術・整骨術は先ほど述べた通りですが、西洋医術はもともと戦場で発展した戦場医術です。
玉に打たれたり、刀で切られた人は傷口を止めて出血を止めたり、化膿しないよう抗生物質を与えたり、もうダメな部分を霧切り取ったりしました。
命を救う施術というわけです。
そういう経緯で発展しましたので、どうしても命を失う危険性が無い分野や、不定愁訴そに近い症状に対しては弱くなります。
今の社会は日常生活動作の急変やストレス社会により、不定愁訴や弱くなった部位を軽い力で炒めるような軽い怪我が増えています。
その部分を整体・整骨が補填しているような状況になっています。

 

 

お客様から見た整体と整骨の違い

現在、整体院も整骨院(接骨院)も乱立している状況です。
この両者のお客様から見た違いは何でしょうか。
やはり気になるのはお値段です。
整骨院(接骨院)は保険適応ですので、初検料が入って1000円~1500円程度でしょう。
整体院は自費になりますので、3000円~一万円です。
やっている内容ですが、整骨院は怪我の施術を歌っていますが、現状はほぼ同じ内容です。
そこの会社や先生の方針で差が出てしまいます。
というのも、近年大抵の整骨院
ただ、骨折や脱臼・打撲、捻挫、挫傷も対応できるのが違いです。

 

「こころ整骨院 表参道院」 PAGETOP